スーツケース 必要

スーツケースにはに関する知っておいて損はない2つの情報

 

スーツケースを選ぶときには、まずサイズや色に目がいきますね。

 

海外に出掛ける際には次の2つのことにも留意して下さい。

 

【その1】TSAロックのついたスーツケースを選びましょう

 

 

運輸保安局認定ロックシステム TSAロックとは?

 

TSAロックはアメリカ運輸保安局 TSA(Transportation Security Administration)によって認可・容認されたロックです。

 

アメリカ同時多発テロ事件以来、危険物検査のためにアメリカの空港全て(ハワイ、グアム島、サイパンを含む)で荷物を預ける場合、開錠した状態で荷物を預けなければいけません。

 

そこで登場したのがこのTSAロックです。
TSAロックを使用しているカバンは、施錠した状態で預けることができます。

 

万が一、不審物として中身を検査する必要がある場合、TSA職員がスペシャルツールを使用して底部の鍵穴からロックを開錠して検査をします。

 

そして検査後は施錠して戻してくれるのです。

 

すなわちTSAから認可されたこのロックを使用しているカバンは、カギを掛けたまま航空会社に預けることができるのです!

 

このTSAロックは信頼された職員と本人のみ開けることが可能です。

 

今後、世界基準としてアメリカのみならずヨーロッパでも採用されていくものと思われます。

 

 

 

息子のスーツケースにはこのTSAロックがついていたのをすっかり忘れて
別途、イオンで購入してしまいました。


 

【その2】IF FOUND OKOBAN.COMに登録しましょう

 

IF FOUND OKOBAN.COMとは?

 

このシステムは、2200以上の空港を含む世界最大の遺失物事務所のネットワークとリンクしています。

このシステムを使うことで紛失物があなたのお手元に戻る確立が非常に高くなります。
早速登録し、持ち物を保護してして下さい。

 

空港、列車、タクシー、その他の公共の場で、毎日何万もの貴重で高価な物が置き忘れられています。忘れ物の所有者探しが困難なため、ほとんどの物は持ち主に返還されないままです。

 

 

 

 

渡米した際には知らずに、登録していませんでした。
荷物が紛失することなく無事帰国しているから良かったです。
今後の為に今すぐ登録しておこうと思います!


 

登録はこちら

関連ページ

留学に出発する為の事前準備その1 パスポートを取得
海外旅行や留学、出張で海外に行くなら簡単で安心なキャッシュパスポートを持っていくと便利です! そんなキャッシュパスポート以外の準備についてご紹介します。
留学に出発する為の事前準備その2 電子渡航認証システム(ESTA)の申請
2009年1月12日より、日本を含む全てのVWP対象国の方がビザなしで観光や商用で米国に90日以下の渡航をする場合、ESTA認証が必要です。ESTAなしで渡米することはできません。
留学に出発する為の事前準備その3 予防接種
留学するためには、出発前に日本で予防接種をうけておく必要があります。
アメリカ留学に持って行ったもの〜スーツケースの中身お見せします!
大学生の8ケ月間のアメリカ留学に必要最低限の持ち物。 スーツケースに詰め込んだものはこちら。 渡米する際には、TSAロック搭載のスーツケースがお勧めです。